1. HOME
  2. ニュース
  3. AIエンジニア向け「インフラ基礎講座」をインフラのスペシャリストRossoと共同制作

NEWS

ニュース

プレスリリース

AIエンジニア向け「インフラ基礎講座」をインフラのスペシャリストRossoと共同制作

株式会社AVILEN(アヴィレン 東京都中央区、代表取締役:崔 一鳴、以下:AVILEN)と、株式会社Rosso(ロッソ 東京都渋谷区、代表取締役:鹿庭 貴志、以下:Rosso)は、両社が共同制作した「AIエンジニア向けのインフラ基礎講座」を2020年8月より提供開始いたします。(申し込みは7月より受付開始。)さらなる活躍を目指すAIエンジニアを支援して参ります。

■ 講座制作の背景
今、AI事業の現場ではシステム開発にとどまらず、AIプロジェクトの運用までリードできる人材へのニーズが高まっています。AI開発においては、学習モデルの開発以外にも、データの前処理やシステム実装がプロセスの大半を占めますが、その前後処理を担当出来るエンジニアが不足しているからです。
例えば、AIの導入や運用をAWS(Amazon Web Service)で行うとした場合、Amazon SageMakerというサービスを利用することで、機械学習モデルの開発や訓練、さらにはデプロイメントまで、一つのプラットフォームで管理・効率化する事が可能になります。
このような知識を持ち合わせたAIエンジニアの存在が、AIを「実務に導入する」上で必要とされているのですが、まだまだ少ないのが現状です。このような背景を受け、最新のAI&インフラ技術で様々なシステムソリューションを提供しているRossoが、AVILENと共同し、AIエンジニア向けの「インフラ基礎講座」を制作することとなりました。

■ 両社概要
AVILENは、「AIスペシャリスト集団」として、画像認識や自然言語処理等のAI技術開発を主軸に事業を展開。そこから得た、AIに関するノウハウを人材育成事業に活かし、数々の研修プログラムを提供しています。
Rossoは2006年の創業以来、独立系のソフトウェア開発会社としてパートナー各社様への支援を行って参りました。2018年にはAPNパートナーにも参加し、クラウド化への取り組みを加速させながら、AI/機械学習サービスの提供にも力を入れることで「ML Ops」といった管理体制の強化も行っております。
両社の強みを組み合わせることで、「AI×インフラ」の実務におけるノウハウを高品質かつ、効率良く学べる研修講座の制作が可能となりました。

■ 講座概要
名称 :インフラ基礎講座 https://avilen.co.jp/service/forengineer
提供開始日:2020年8月(7月より受付開始)
対象者 :AIの基礎スキルを身につけ、簡単なモデルの開発経験があるエンジニア
(上記のスキル・経験がない方も、AVILEN社の別講座を受講いただけると身につけることが可能になっております。)

■ 特徴
・AVILENのAIエンジニア育成講座である「データサイエンティストマスターコース」の講座として提供されます。
・AIエンジニアがインフラを学ぶ意義や、実際にAIサービスを運用する際に必要となる知識を習得できます。
・APNアドバンスドコンサルティングパートナー企業であるRossoが監修

■ 取り扱う内容
・AIエンジニアがインフラを学ぶ理由
・インフラの考え方
・クラウド、オンプレ、エッジの特徴
・仮想マシン、コンテナ、サーバーレス

プレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000024.000043360.html

最新記事