1. HOME
  2. ニュース
  3. 日本郵政キャピタルと資本提携等に関する合意書を締結

NEWS

ニュース

プレスリリース

日本郵政キャピタルと資本提携等に関する合意書を締結

<概要>

株式会社AVILEN(東京都中央区、代表取締役 高橋 光太郎/以下「AVILEN」)は、日本郵政キャピタル株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 丸田 俊也 /以下「日本郵政キャピタル」)と資本提携したことをお知らせいたします。

AVILENは、2018年の創業以来、「最新のテクノロジーを、多くの人へ」というビジョンのもと、上場企業を中心とした400社以上の企業に対し、DX・AI戦略立案から、ディープラーニング等の機械学習関連アルゴリズムの開発及びその内製化、そしてDX・AI人材の育成まで、AIドリブンなDX推進を一気通貫でサポートしております。

 日本郵政キャピタルは、成長性が高く、社会課題を解決するスタートアップ企業に対して、日本郵政グループのネットワークを最大限に生かした投資として、出資先企業と日本郵政グループとの連携を図っており、今回の資本業務提携を通じて、両社が保有するリソースのシナジー創出並びに事業のさらなる拡大を目指してまいります。

なお、日本郵政グループ主要4社(日本郵政・日本郵便・ゆうちょ銀行・かんぽ生命)は、グループDXの推進等のため、2021年度~2025年度に約4,300億円の戦略的なIT投資の実施を見込んでおり、郵便・物流事業のDX推進、デジタルサービスの拡充、リアルの郵便局ネットワークとデジタルを融合した「みらいの郵便局」等の様々な取り組みを行っております。

本提携による最初の取り組みとして、日本郵政グループ一体で取り組んでいるデジタルトランスフォーメーション(以下「DX」)推進において、株式会社JPデジタル(*1)に参画し、DX人材育成プログラムにおけるコンテンツ制作支援を実施していきます。

(*1)日本郵政グループのDXを実行支援する子会社(公式コーポレートサイト:https://jp-digital.jp/

本提携における両社からのコメント

【AVILEN 代表取締役 高橋 光太郎】
AVILEN は、テクノロジーで日本を豊かにするために、DX・AI戦略立案から、ディープラーニング等のAI関連開発、そしてDX・AI人材の育成サービスを提供しております。日本郵政グループ様は、4,000億円を超えるIT投資に加え、2021年7月にJPデジタル様を設立し、グループ全体のDX化を進めておられます。社会インフラとしての役目を担う日本郵政グループ様と連携させて頂くことで、社会全体のDX推進の第一歩に繋がることを期待しております。

【日本郵政キャピタル 代表     取締役社長 丸田 俊也】
日本郵政キャピタルは、時代のニーズに即した新たな事業を発見し、育てていくことを目的に、成長性の高い企業に出資を行うとともに、出資先企業と日本郵政グループとの連携を図っています。

AVILEN様は機械学習の技術開発と人材教育の両面から取引先企業様のビジネスを支援されており、とりわけAVILEN様の強みである人材育成・コンテンツ開発ノウハウを取り入れることで日本郵政グループはもちろんのこと、日本郵政グループ以外の様々な企業がAI・DX人材の育成やその活用を実現していくことを期待しています。

———————————————————
AVILENが目指すのは、より多くの人々が最先端のテクノロジーを理解・活用できる社会です。私たちは、テクノロジーの普及は個人の可能性を大きく広げ、豊かな社会の実現に繋がると信じています。

最新記事