1. HOME
  2. コラム
  3. 元AIエンジニアがAIベンチャーで人材育成に夢中になる理由、その喜びとは

COLUMN

コラム

元AIエンジニアがAIベンチャーで人材育成に夢中になる理由、その喜びとは

社員紹介 人材育成事業部 渡部加奈子

AI事業を総合的に支援するAIスペシャリスト集団である株式会社AVILEN。
平均年齢26歳のAVILENでは、入社後1ヶ月も経たない若手社員も責任と機会を持って、仕事に取り組みます。
今回は、2020年2月よりAVILENへ参画し、AI・データサイエンス分野の講座運営を通して人材育成に携わる渡部にインタビューしました。

プロフィール

株式会社AVILEN 人材育成事業部 渡部加奈子
大学卒業後、Web系企業に入社し、フロントからサーバーサイドを一通り経験。その後AIエンジニアとして画像認識の精度向上や自然言語処理の案件に関わる。AIを通してより社会に貢献できる方法を模索しAVILENに参画。

自分と同じ悩みを持っている人がいることを知った。

— AVILENに入社を決めた理由は何ですか?

AI人材の育成に携わりたいと考えたからです。
私は前職、AIエンジニアとして働いていました。
ただ、文系大学出身だったので理系大学、ましてや大学院出身の人には追いつけない部分がありました。AI業界で上流工程で仕事をするには理論の理解が必要ですから。
このままだと下流でPythonの機械学習ライブラリを使うだけの人で終わるのではないかと焦っていました。

そんなとき、社外のAIの勉強会で知り合った人から同じような悩みを聞いたんです。

AIに関わりたい、データサイエンス分野にキャリアチェンジしたい、スキルアップしたい。それでも、学び方がわからない。
私はその悩みがとてもわかるから、助けになることができるんじゃないかと考えて、開発から人材育成へとフィールドを変えようとAVILENに入社しました。

— 現在の仕事内容を教えてください。1日のスケジュールは?

AIやデータサイエンスについての講座運営がメインです。特にE資格(※)の講座運営に注力しています。

業務内容は、講座運営に関わることはなんでもという感じですね。講座の受講生のメンターとして学習上の悩みを聞いたり、業務委託のスタッフの採用やマネジメントを行ったり、教材の改善を行ったり、ウェビナーを開いたり。

1日のスケジュールは特に決まっていません。今はフルリモートで、好きなときに出勤してます。休日も定休日の日曜日以外は決まってないので、平日に休んで水族館に行ったりなんてこともできますね。

(※)E資格とは
ディープラーニングを理論から理解し、実装まで行えるAIエンジニアのスキルを証明する資格。AVILENでは、日本ディープラーニング協会から認定を受けたE資格対策となる講座を開催しています。2020.2月実施のE資格試験では、合格率94.4%と高い合格率を達成しました。

— 転職してからよかったことや、面白いと感じたことはありますか?

色々なことに挑戦できるということが面白いと感じます。
新入社員でもガンガン裁量権を与えてくれるので、AVILENの方向性に合ったことならなんでも挑戦できます。ウェビナーを開きたいと思えば企画から準備、当日の進行まで行わせていただけました。

成長意欲が強く、挑戦していきたい人にとっては最高の環境だと思います。

受講者に寄り添って、細かくサポート。その後の活躍も嬉しいです!

— 人材育成を担当する上で大切なことはなんですか?特に日頃仕事をしながら意識していることを教えて下さい。

AVILENが提供するのは講座という商品ではなく、人材育成というサービスだということを意識しています。

例えば、講座内の課題に対してわからないとの声があったとき、ただ講座を販売しただけなら答えを教えれば良いのですが、それは受講生のスキルアップに繋がりません。どういう考え方をすれば良いのかをアドバイスします。魚を与えるのではなく魚の釣り方を教える必要があるんです。

人材育成に携わるのははじめてなので悩むこともありますが、メンターとして受講生の方と直接お話しする機会が多く、リアクションがすぐわかるので、PDCAを回しながら最適な方法を探しています。

— やりがいはどこにあると感じていますか?

やりがいを感じる瞬間はたくさんありますが、その中でも受講生の活躍を知ったときは特に嬉しく思います。

AVILENの講座を受けた方々は転職したり、社内でAI案件に携わったりとAI・データサイエンス業界で活躍し始めています。そのようなお話を聞くとやっててよかったなと思います。

これからもAIの市場は伸びますし、AI人材の需要も間違いなく上がります。
以前の私のようにプログラムを書けるだけではなく、体系的に学び、理論を身につけた人のニーズが高まります。
AVILENの講座で学んだ人の人生も好転しますし、社会的にも必要とされています。非常にやりがいのある仕事だと思うんです。

成長したい人にとって最高の職場です。

— 今後、取り組んでいきたい仕事について教えてください。

AVILENの講座を受講する方々により多くの価値を提供したいです。
受講生や修了生のコミュニティを作成して皆さんが人脈を広げる機会を創出したり、講座も今よりもっと学びやすいものにしたり。やりたいことは山積みです。

将来的に「AVILENの講座出身のAIエンジニア・データサイエンティストならこの案件を任せられる」のようになると嬉しいですね。

— 今後、どんな仲間に参画してもらいたいですか?

自分で課題を発見して、それを解決できる方だと嬉しいです。

AVILENの魅力は成長できる環境であることです。
裁量権の大きさ、優秀なメンバー、スピード感など。自分の力を試したかったり、成長したい方にとって最高の職場であると思います。
また、今までAIに触れたことがないと「AIって難しそう」と思うかもしれませんが、AVILENはAIについて学ぶ環境は揃っています。

一方で、研修などはないので働きながら学んでいくことになります。そのため主体的に動かないと学べず、成長もできません。
だからこそ、自分で考えて動ける人と一緒に働きたいと思ってます。